てんま通信

2005年に海のある田舎に引っ越をした期にはじめたブログです。 九十九里浜に近いところに移住して暮らしています。 2005年5月25日より

2017年02月

日清カップヌードル 抹茶

Nissin Cup Noodle Matcha
ほぼ毎日行くコンビニで買ってきました。外人に受けそうだということで。
・・自分の中ではインスタント食品のネタはあまりやりませんが今回は特例です。
日清カップヌードルの抹茶というのが1月23日に発売されました。

外人に受けるのもあるんですが、多分ここまでやると冗談が入ってそうなパッケージです。多分、たくさん買って帰ります。
見た目はモロヘイヤのそばみたいな感じで、抹茶なので苦みがありますがスープがクリーミーなので調和が出ています。おいしいというかパッケージ優先の単なるネタです。

7ae6e71c.jpg


6ec094d6.jpg


bbc934c6.jpg


b50dd644.jpg


九十九里浜は玉浦

「正史である『日本書紀』卷7景行天皇40年10月の条は」とかWikiに書いてあるけど日本書紀はシナ人の捏造が多いんだな。それまで日本には漢字なんかなかったんだから、本当かどうかわからない。古文献を研究しても漢字のものは信用できないと思ってよい。

また中世でも、源頼朝の命で1里ごとに矢を立てたところ99本に達したという伝承から「九十九里浜」と言われるようになったと・・
99本×4km(1里)=369km?


以下、Wikipedia 九十九里浜


九十九里浜(くじゅうくりはま)は、千葉県房総半島東岸にある、刑部岬と太東崎の間の、太平洋に面している全長約66キロメートルの海岸[1]。日本の白砂青松100選と日本の渚百選に選定されている。

地理と名称
六十余州名所図会
『上総 矢さしが浦 通名九十九里』

ここを中心にして円を描くと、南西諸島を除く北海道から九州までが調度半円内に収まり、犬吠埼とともに日本列島を扇に見立てた要の位置にある[2]。また日本列島に沿って北上する黒潮がここを境に離れる個所でもあり、「黒潮文化」の北限に位置している[3]。だがその一方九十九里平野中央を流れる栗山川は「サケの回帰の南限の川」とされ、親潮の影響を受ける南端の地域でもある[注 1]。

沿岸には、日本全体の40パーセントに相当する80例にのぼる丸木舟の出土があり、九十九里浜は香取海とともに危険な犬吠埼沖を通過を避けて設定された、四国・近畿地方から東北地方を結ぶ水上交通の要衝であった[注 2]。北東側の下海上国造の領域には、古墳時代当時の海岸に面した高台にしゃくし塚古墳・北条塚古墳・御前鬼塚古墳などが築造され、その後壬申の乱に敗れた大友皇子の妃耳面刀自媛が父藤原鎌足の故地鹿島を目指し上陸したが、病に倒れ亡くなったといわれ匝瑳市野手には媛の墓とされる内裏塚古墳がある[4]。また平安時代、アテルイに敗れた征東大将軍紀古佐美が真光寺を建立[5]、征夷大将軍に任じられた坂上田村麻呂は蝦夷征討の途中松崎神社に参拝したと伝えられ[6]、天慶2年(939年)承平天慶の乱に際しては、寛朝僧正が難波津から下向している[7]。なお、奈良時代東国巡錫のおり行基が海難防止のため一宇を建立したことに始まり、平安時代空海によって改修されたと伝わる不動院長勝寺は、その後幾度かの改修を経て維持され続け、文化遺産として現存している[8][9]。


九十九里の名称と由来

古名は玉浦(玉の浦)であるが、源頼朝の命で1里ごとに矢を立てたところ99本に達したという伝承から「九十九里浜」と言われるようになったとの説が有名で[注 3][10]、中央とされる山武市蓮沼には箭挿神社がある。またその故事に因んで、矢指浦の別称がある[11]。

まん丸や、箭挿(やさし)が浦の月の的  ---- 源頼朝[12]


歴史


古代まで

有史以前には、貝塚などの遺跡のほか[注 4]、多数の丸木舟の出土例があり古くから水上交通を通した文化圏が形成されていたとみられている。なお、丸木舟の出土地点は現在の栗山川とその支流借当川流域の、旧椿海周辺の海抜4メートル前後の地点に集中しており、当時海岸であったことがわかる[13]。

5世紀以前この地域は、千葉県中部から茨城県、埼玉県、東京都にかけての一帯を支配した「大海上国」ともいうべき勢力圏の一部であったが、6世紀に畿内の大王の有力な外戚である和珥氏の一族武社国造が進出[注 5][注 6]、大海上国は上海上国造と下海上国造に分割され、衰退したとする考えもある[14]。文献史料によるものとして、正史である『日本書紀』卷7景行天皇40年10月の条は、日本武尊が「海路をとって葦浦を廻り、玉浦を横切って蝦夷の境に至った」とし、茂原市本納には弟橘媛を祀る橘樹神社がある。また『続日本後紀』承和2年(835年)3月16日条の物部匝瑳熊猪改姓記事には、「昔、物部小事大連、節を天朝に錫し、出でて坂東を征す。凱歌帰報。この功勳に籍りて下総国に始めて匝瑳郡を建て、……」とあり、日本武尊東征のほか物部氏も進出したとされ、小川台古墳群を物部氏の奥都城とする説もある[15]。

古墳時代が終わり仏教が導入されると、下総国では現在の匝瑳市に大寺が置かれた。匝瑳市大寺にある龍尾寺には香取海上流の龍角寺とともに印旛沼の龍伝説が伝えられ、古代の官寺があった地であることをものがたる[16]。また奈良時代上総国では、宝亀5年(774年)に上総介となった藤原黒麻呂が、現在の茂原市付近の牧を開発、初期荘園藻原荘が成立している[17]。


平安時代になると、坂上田村麻呂や文室綿麻呂による蝦夷征討後は、小事の子孫とされる物部匝瑳氏が、足継[18]・熊猪[19]・末守[20]の3代に亘って鎮守将軍に任ぜられ、この地は陸奥国への要衝であり朝廷の蝦夷経営の拠点であった。また、寛平元年(889年)宇多天皇の勅命により平姓を賜与され臣籍降下した平高望は、昌泰元年(898年)に上総介に任じられ子の良兼ともに上総国に下向、武射郡の屋形を本拠とした。なお、当時の上総国の国府は茂原市付近にあったとされる[21]。奈良時代に藤原黒麻呂が開発した藻原荘は、曾孫の菅根等によって寛平2年(890年)興福寺に寄進された[22]。この功績の他、菅根は左遷を諫止するため参内しようとした宇多上皇を内裏の門前で阻み、菅原道真大宰府左遷に果たした功績もあり、後に参議に任じられ公卿に列するが雷に打たれて死に道真の祟りと噂された[23]。

91da9035.jpg


東金 九十九里

なんで東金市に縁あって住んでるのかなあ?と漠然としたものがありましたが、11年も住んでいるのと様様な所からの情報を頂くとだいたいわかってきたようか感じがしてきました。

一般的なことでは到底わかることではありません。
これは日本の神話の時代からの出来事が含まれます。

2008年の7月29日に求名駅近くの熊野神社に雷が落ちた後、虹が出たので不思議に思ったときから、東金市や九十九里の霊的な調べを始めたというか天界が動きだしたようですが、一般的な歴史ではこの辺のことが分かることはありません。

東金 九十九里や周辺の神社・仏閣を参拝しても、人から聞いた事では土地のことはほぼわかりません。
神社・仏閣を巡って画像にして記録して数年もしてネットで答えが見つかったりします。どんな歴史を追っていってもなんの進展もないでしょう。また私は歴史にはいたって興味がありません。

あまりよろしくない土地としか言えませんが、ここに住んでいるのも何かの意味があって良く暮らしていく権利がありますので、これからもいろいろ調べてみようと思います。
(*´ω`*) クリックお願いします。

海辺の暮らしランキング にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
あなたはだいたい
アクセスカウンター
人目のお客様です。
アイテム
  • ニュータッチ 元祖ねぎらーめんの謎
  • 寒川神社の秘密
  • 今年も残り87日です
  • 今年も残り87日です
  • 今年も残り87日です
  • 今年も残り87日です
  • 今年も残り87日です
  • コンビニ弁当は健康に悪いに反論す
  • コンビニ弁当は健康に悪いに反論す
最新コメント
記事検索
アーカイブ
プロフィール

てんま

出身校は上武大学経営情報学部ですが、聖地巡礼していろいろと学んできました。
群馬県沼田市生まれ、千葉県 東金市 在住


  • ライブドアブログ